水辺からの東京3「川にも色々ありまして」

2009-06-18

東京の水辺と言うともう一つが毛細血管のように都心部を流れている川があります。以前は生活に密接に絡んだ水辺が、膨張する都市に飲み込まれて行った結果がここにあります。そんな川を今回は紹介します。

お茶の水駅からみる神田川

ご存知神田川。お茶の水付近。まだまだ存在感がある川ですね。中央線でお茶の水から四谷付近までこの川が平行に流れています。水上ボートや業務船がたまにいます。また潮の干満の影響を強く受ける川で時間帯によって水位が大きく変動します。

恵比寿付近の小川

よくある東京の川はこんな感じ。地上から深くコンクリートで彫り込まれています。恵比寿付近を流れる川。
この川、下流では首都高2号線の下を通って海に流れる。

東京のあちこちにある川、今では生活から切り離されている感が強いのですが、それぞれ昔の名残をみる事が出来ます。そんな旅もたまには良いですね。