高尾山

2009-07-06

久々のたおる通信(※)です。

今回は東京の西の端にある都心に一番近い山として有名な高尾山へ行って来ました。
私自身はつくば寄りな視点の持ち主なので、筑波山と色々比較してしまっていましたが、
気軽に山の雰囲気を味わえると言う意味ではさすが「ミシュランの三ツ星」観光地に値しますね。


京王線高尾山口からケーブルカーとリフトの乗り口である清滝駅までお土産物屋が続きます。今回は大きな荷物があったのでリフトはあきらめケーブルカーで高尾山駅まであがります。高尾山は真言宗の高尾山薬王院をメインとした山でケーブルカーの終点から薬王院までは舗装されていて、(山歩き好きには都会すぎる)茶店やお土産物屋が連なって行きます。ここまでが15分くらい。

薬王院から山頂までが山歩きのハイキングらしいコースになっています。高尾山自体は599mとそれほど高くないので登山というよりは森林浴を楽しむ感じになります。コースもいくつかあり、分岐が多く人も多い。20〜30分ほど歩くと山頂になります。
山頂は大きくひらけていて、広場になっていました。

観光の山という意味では筑波山とも共通点がありますが、山歩き自体は老若男女問わず楽しめる山だと思います。今回は一番簡単なルートであがってしまったのです、乗り物を使わず下からあがるコースや縦走できるコースを今度は試してみたいですね。ちなみに縦走する場合は、高尾山より高い「城山」を通るそうです。

※たおる通信
山歩きチーム「たおる」・・・タグ「たおる通信
今回は一番メインなルートのみだけだったのですが、本格的に縦走も可能なので色々その人に併せた楽しみ方があるみたいです。