東京シャルソンに参加しました。

Tokyo cialthon2015
世田谷シャルソンは東京シャルソンへ
今年で4回目となるThe Chilthon!に参加してきました。

くどいようですが、シャルソンはフランス・ボルドー地方で毎年開かれるメドックマラソンに着想を得て楽しみながら走ることをコンセプトに始まったイベント。シャルソンのシャルはソーシャルから、ソンはマラソンから作られた言葉ですが、そこには走るだけに終わらない楽しさが詰まっています。

その元祖である世田谷シャルソンに2年前から出たいと思っていたものの機会に恵まれず来てしまったのですが、やっと今年参加することが出来ました。

ちなみに、今年は同時開催の葛飾シャルソンと世田谷シャルソンを合わせて「東京シャルソン」として大々的に開かれたのです。また、今回の東京シャルソンではウルトラシャルソンランナーとして、世田谷→葛飾(1名)と葛飾→世田谷(6名)のランナーが裏で行われている「東京マラソン」を横目に都心縦断を敢行しました。私はゴールに近いビリヤニハウスで彼らと合流したのですが、彼らの走って来たけど笑い溢れる姿に走るって楽しいんだと改めて感じたのでした。そちらの模様はシャルソンランナーの報告をご参考〜

さて、私はというとスタート時に8.9マイル(約14.5km)を宣言したものの、気がつけば西は多摩川から東は中目黒までガッツリ走りトータルで34Km!自己記録を更新していました。でも、やはり普段は知らない距離を走ったので終盤は結構足が痛かったです。でも結局ね次なる給◯ポイントでの出会いを求めて走っている自分がいるんですよね。

参加している各店舗とのコミュニケーションが面白い。千歳船橋の88サルーンでは「お疲れちゃんセット」として塩おにぎりに味噌汁のセットを出していました。(私は走りはじめだったのでビールだけでしたが・・・)当初はホットドッグが出るという噂でしたが後日談で聞いたところだと、走りながらだどパンは食べにくいのでご飯にしたそうです。店主のきくばりがきいていますね。和泉多摩川にあるアウトドアフィットネスクラブのブルー多摩川では、シャルソン特製ランチが用意されていました。こちらも、まだまだ序盤だったのでビール飲みでしたが、外に出れば広大な多摩川が!思わずそのまま羽田に向かって走り出したくなります。

以前からFaceBookでその存在を知っていた砧公園のそばにあるベトナム風サンドイッチのバインミーを出すandyではもちろんシャルソンランナー限定のバインミーと333(バーバーバー)ビールを!寒いけれど気分はベトナムそのものです。まだ店舗準備中(2015年3月1日グランドオープン)だったブルックリンダイナー中目黒店(あれれ、ここは世田谷ではなく目黒区だぞっ)では、旅人経営者の会にも参加されている社長の大脇さんがお茶でお出迎え。まだまだ内装工事中の中とびっきりのおもてなしをしてくれました。松陰神社前にあるオイスターバーのマルショウアルクは今回の世田谷シャルソンの経堂主催者のお店。時代を感じるクラシックラガーに生牡蠣の三連セットで美味しさノックアウト!そして最後に梅ヶ丘の秘密基地・・・じゃなかった、シェアハウスのビリヤニハウスでは特製ビリヤニでゴールまでひと踏ん張りのエネルギーを補給できました。

10時にスタートして経堂のPaxCoworkingに戻ってきたのが17時50分。ほぼ8時間目いっぱい、走って!飲んで!飛んで!交流して!楽しみました。
でも、ここでまた折り返し。私はTabiikuも絡めたいので後半のパクチーハウス東京でのパーティーには家族も合流して参加しました。他にも2家族が子供をつれて参加しました。

実は、会社の同僚も参加してたのだけれど、こちらはタイミングが合わず走ってる途中で会えなかったのが残念。

でも、うん、まぁ結局ね・・・・シャルソン最高!ってこと