経営コンサルティング(Nordlys)

2018-03-27

中小企業診断士による、企業診断、個人事業診断を受け付けるコンサルティング事務所です。
Nordlysという名前は、ノルウェー語でオーロラのことです。オーロラは、太陽から飛び出してきた大量の電気の粒が地球という大きな磁石に吸い寄せられて、大気圏に突入する時に現れます。つまり磁場の強い所でないと見ることができないのです。事業も同様で、その舞台が人の集まる強いところになることで、発展していくものです。そういった場所を増やしていきたいという想いからこの名前をつけました。

(中小企業診断士)

中小企業診断士とは、事業をやる人の相談相手です。

(移働支援)
「移働」という言葉は、「移動」と「働く」の二語からの造語です。一番身近な言葉で表すと、「コワーキング」「リモートワーク」「テレワーク」などのキーワードがあります。これらに共通している言葉「旅」という言葉があります。

旅を企画運営する「旅行業」、場を作る「地域事業者」それらを結ぶことが「移働」になります。

一つは、移働の行為を活用したい企業になります。現在は人手不足と言われています。また、働き方の多様化も進んでいます。このような中、他拠点でビジネスを遂行する企業が少しずつ見られています。地方に行くとよく聞く話が、この土地に住みたいけれど仕事がないので都市圏へ出て仕事をせざる得ないということ。これに対する一つの解決策に「移働」はなります。というのも、IT技術を駆使(といってもネット環境とPCがあれば十分)して場所にとらわれない働き方をする人々は増えてきています。新しいクリエイティブな発想を持った人は特にその傾向が強いと思っています。そう言った人々のニーズに応える方法としてリモートワーク活用が可能です。

二つ目は、移働の場についてです。先ほどの、Missonの項でも書かせていただいた通り、場所の力が今後の日本を作っていくと思っています。各地域で事業を行われている方が力を発揮することでその場づくりとなる可能性を秘めています。磁場の強いところにオーロラは現れる。その考えての元地域にどうすれば力を与えることができるのか?一つ一つの企業がどう発展することが地域の力になるのかを考えて、コンサルティングにあたっていきます。この中では

三つ目は、移働する行為についてです。人が動く行為自体が社会を変えつつあります。その点では日本はすでに遅れていると思います。その担い手として旅行業は今後力を十分に発揮していくことが可能だと認識しています。当事務所は旅行業の資格を持つ診断士が運営しておりますので、現状とこれからを見据えた旅行業の像を常に考えコンサルティングにあたってまいります。

〜移働の対象となる事業〜
「観光業」「商店街・商店」「リモートワーク活用したい企業」など、地域と関わり展開していきたい企業の支援になります。当事務所では、人が集まる磁場の強いところは地域社会を好転させるパワーが集まると考え、そう行った場所(経済のオーロラが見えるところ)を増やしていきたいという思いからこの名前をつけました。このような場が増えることで地球のエコシステムへ良い影響を与えることが当事務所のMISSIONです。

(地域づくり)
・地域性を取り入れた経営相談が得意です。特に、拠点としている、世田谷区では商店街支援、多摩市では多摩シャルソンを主催しており、今後は他拠点活用として千葉県南房総地域も拠点のひとつとしていきます。
・リモートワーク:場所にとらわれないこれからの企業の形を追求しています。その一つとして多拠点居住に対応した働き方提案が可能です。(Works by トイロハ 中小企業こそ導入すべきリモートワーク、その理由とは?
・シャルソン:多摩シャルソンを主催した経験を活かして、シャルソン(ソーシャルマラソン)を活用したアドバイスが可能です。

(経営デザイン)
 企業の現状を目に見える経営資産だけでなく、目に見えない資産まで幅広く正確に企業を理解できる知的資産の観点から診断行います。そして、その経営者様の目指すべきところまでの道しるべをどうデザインしていくかまで一緒に考えながら、ジャンプするための後押しを行なっていきます。

<プロフィール>

平野 匡城(Masaki Hilano)
移働支援(〜Coworking,Coliving〜:旅する診断士)、
経営デザイン支援(知的資産経営)

経歴
1997  東海大学文学部北欧文学科(ノルウェー専攻) 卒業
1998〜2019 ITベンダーにて主に金融関連のシステム企画開発業務に従事
2002 つくば市市民環境会議 水環境プロジェクト参加
2003 つくば市都市計画マスタープラン策定市民委員
(その後、現在までつくば市景観WKとして、つくば景観100選に携わってきた)
2003 茨城県元気商い支援事業にて、つくば市北条商店街支援プロジェクトに参加
2015 多摩シャルソンを主催運営(19年まで4回開催)
2018 中小企業診断士資格取得
2019 移働する診断士事務所Nordlysを開設

得意分野
移働(リモートワーク、コワーキング)支援、商店街支援、シャルソン支援、IT支援、海外支援(特に北欧)、補助金申請支援

経済産業大臣認定 中小企業診断士
東京都中小企業診断士協会 会員(城南支部国際部 所属)
城南支部公認 経営のデザイン研究会 会長
IAbM総研 主任研究員
せたがや中小企業経営支援センター 所属
経営のデザイン研究会会長
日本FP協会会員(AFP)
総合旅行業務取扱管理者
ノルウェー普及活動家
多摩シャルソン主催
e-Rasidency(エストニア政府の電子国民資格取得)
つくば市景観WK
オウンドメディアである、城跡広場を1997より運営

執筆・講演
2018年
 Works by トイロハ 中小企業こそ導入すべきリモートワーク、その理由とは?
2019年
 IAbMEvangelistと知的資産経営
 世田谷区創業講師
 エストニアの電子政府について(診断士協会支部大会)